スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巌流島(下関レポート 最終回)

  • 2013/02/03(日) 07:01:13

決闘の聖地、巌流島へ

今回の出張で必ず行こうと思っていた場所です。

かつては宮本武蔵と佐々木小次郎、ちょっと前だとアントニオ猪木とマサ斎藤が決闘をした場所。

巌流島2

巌流島へは前々回の記事でご紹介したカモンワーフから船に乗って行くことが出来ます。恐らく、対岸の北九州の門司側からも行けると思います。

巌流島1

10分ほど船に揺られると到着。

船の中でのアナウンスによると、宮本さんや佐々木さんが決闘した当時から埋め立てにより、島は6倍ほど大きくなっているようです。

と言っても、20分~30分もあれば、当時に思いを馳せながら十分に見て回れる広さ。

ちなみに島にある施設はトイレくらいなもんで、売店などはありません。

恐らく、私が上陸した時に島に居た人は私を含めて3人。

そんなこともわかっちゃう位の広さです。


巌流島3

島のほとんどはこんな感じに公園風?な緑で整備されています。

ゆっくりと歩いても10分ほどで、取りあえずこれは見ておきたいという目的の場所へ。



巌流島4

今まで見てきた像の中でも、歴史的なものを除けば、かなりカッコイイ部類かと思います。

後ろで微かに見える橋は2枚目の画像もそうですが、本州と九州を結ぶ関門橋です。


巌流島5

当時をイメージ出来る、小舟も置かれています(笑)。

巌流島6

こちらは、島にある神社。

しっかりと、今後の人生で訪れる決闘に勝てるように祈願してきました。

てなことで、下関レポートは終了です。

プライベートで来れたら、神社巡り、門司のレトロな建物巡り、維新志士ゆかりの地、源平の合戦の地など訪れたかったのですがね。

取りあえず、観光をするのに盛り沢山な場所ですよ。





にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ


↑励みになりますので、出来れば1つずつクリックお願いしますm(_ _)m 現在のランキングも分かります。複数のランキングに参加している為、カテゴリーを分散してみました。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。